【事故車・廃車でも諦めない】車を高く売るための方法とタイミング

【事故車・廃車でも諦めない】車を高く売るための方法とタイミング

更新日 2018/11/18

車を売るときはちょっとでも高く買い取って欲しいですよね?何も考えずに下取りに出したりしているようでは、知らない間に何十万円単位で損をしているかもしれません。

この記事では、車を高く売るための方法やタイミングを、車種や車の状態毎に分けて説明していきたいと思います。

普段何百円、何十円と節約している人でも、高額な車の話になるとなぜか適当に決めてしまいがちです。

この記事で紹介する内容はそんなに難しいものではありません。少しの手間をかけるだけで、これまで損をしていたはずの何十万円ものお金をゲットすることができます。乗り換える車のグレードを上げることができたり、おいしいご飯を食べ行ったりできるかもしれません。車を売る前に必ず実践してください。

Advertisement

これは絶対NG

まず車を高く売るために、絶対にしていけはいけないことが3つあります。

販売店の下取り

「下取り」とは、次に乗る車を買う店舗(ディーラー、中古車販売店問わず)へ、今乗っている車を売ることを言います。この下取りでは、今の車の売却~次の車の購入まで一店舗で完結するため、手続きなどの面で便利ではあるのですが、車を高く売るという点においてはNG行為の一つです。

下取りは便利さの反面、売却額を店舗側が実質一方的に決められるため、高く売ることは不可能です。下取りをすることで次に乗り換える車を割引してくれることもありますが、割引額を考慮しても損する場合がほとんどです。

売却前の高額修理

車を高く売りたいからと、塗装のキズや壊れた部品を修理してから売るという行為もNGです。同じ理由で、コーティング等の施工もやめましょう。ディーラーや中古車業者が修理をする際は、通常一般のユーザーが支払っている技術料がかからないだけでなく、部品の交換にも格安の業販価格が適用されます。そのため、高額な修理費用を掛けてもそれ以上に売却額が増えることは原則ありません

仮に動かない車であっても修理しない方が得です。タッチペンやコンパウンドで隠せる程度の補修や、洗車・車内の清掃ですらほとんど査定に影響しないため不要と言えます。

買取店へ車を持ち込んで見積もり依頼

わざわざ買取店舗へ自分で車を持っていくのもNGです。一見、買取業者の手間がなくなりその分高額で買い取ってくれそうですが、後述するようにこれでは競争原理が働かないため、売りたたかれること必至です。まさに、カモがねぎを背負ってやって来た状態ですので必ず損をします。

車を売るベストタイミング

どんな車でも共通して、高く売りやすい時期があるので注意点とともに理解しておきましょう。

ベストタイミングは1月~2月

ずばり、一番高く売れる時期は「1月~2月」です。

社会人や学生問わず4月からの新生活に向けて車を購入する人が多い3月に向けて、各社一斉に在庫を確保しようとします。日本中で中古車の需要が高くなるため、売却額も高くなる可能性が高くなります。

3月 or 9月も狙い目

多くの車買取業者では、3月に決算が、9月には半期決算を迎えるためこの時期も狙い目です。決算期には売上強化やノルマ達成に向けて競争が働くため、買取相場も上がり、高額査定が期待できます。

車検時期に注意

上記の時期を考慮することに加えて、車検の残日数についても注意が必要です。NG行為で説明した修理と同じ理由で、車検を通したからといって買い取り価格が吊り上ることはありません。そのため、車検を受けた直後に売却すると損をすることになります。

例として、車検が12月末に切れる場合、高額査定の出やすい1、2月まで待つために車検を通すよりも、車検切れ直前の12月中に売ってしまった方が懸命と言えます。

一括査定が基本

車を高く売るために最も基本的なことは一括査定です。一括査定とは複数の異なる買取業者に同時に見積もりを依頼することです。各社に競争させることで、売却額を吊り上げることができます。

まずはここから

大事なことなのでもう一度言いますが、車を高く売りたいなら一括査定を実施しましょう。これをしないと何十万円も損をしてしまいます。

一括査定をするのに一番簡単な方法は、インターネットから一度登録するだけで複数の業者に見積もりを依頼できるサービスを利用することです。

国内に一括査定サービスは幾つもあるのでどれにすればよいか迷うことが多いと思います。筆者のオススメは以下のサービスです。車検証とインターネット環境さえあれば見積もりの依頼は無料ですのでやらないのは損です。

また、サービス毎に登録している買取業者が異なるため複数のサービスを利用するのも効果的です。

サービス名 特徴 高く売れる度
お手軽度
下取り(参考) 次の車の購入店舗に売却する方法 ★☆☆☆☆
★★★★★
一括査定.com 国内最大級の登録業者数
トラブル時のクレーム対応窓口も完備で安心
★★★★★ ★★★☆☆
楽天オート 楽天の運営する中古車買取サービス
最大1,500楽天ポイント付与
★★★★★ ★★★☆☆
車査定.com 地域毎にベストな買取業者を1社のみ紹介するサービス
Amazonギフト券5,000円分プレゼントキャンペーンも
★★★★ ★★★★

車種によっては専門業者への依頼もアリ

一部の業者では特定の車種に特化した買取を実施しています。このような業者は独自の顧客や販路を持っているため高額査定となる可能性が高いです。上記のサービスと併用することで、より高く売れる可能性が高くなりますので、以下の車を売却する場合はこちらも実施してください。

輸入車全般

輸入車買取.com
輸入車.com

それぞれ兄弟サイトで、買取できる車種が異なる。いずれも輸入車の買取に強みを持つ。

アメ車

アメ車買取.com

FORD、GMを初め、ACURA、INFINITI等国内メーカーの米国ブランドなどアメ車全般の買取を得意とするサービス。

海外で人気の車(アルファード、ヴェルファイア等)

ENG

意外かもしれませんが、アルファードやヴェルファイア等の高級ミニバンは、マレーシアをはじめとする東南アジアのミドルリッチ層に大人気です。現地では、日本の車は高性能であるという認識が強く中古車でも高額で取引されています。直接輸出の流通経路を持つENGを利用することで高額査定の期待が高まります。アル・ヴェルを売却する際は必ず見積もりを貰ってください。

トラック・商用車

トラック買取.com

番外編としてトラック買取専門企業も紹介します。その他、重機やバスなど商業車も対応可能。

事故車・廃車でも諦めない

事故車

通常大きな事故を起こして修復歴があるような車や動かなくなってしまった車は、査定額が大きく下がります。しかし、事故車の買取に特化した買取業者が存在します。このような業者は特別な修理技術や流通系を持っているため、一般の買取店に比べて事故車であっても高額査定が出やすい傾向にあります。修復歴があるような場合でも、諦めずに見積もりを実施することをオススメします。

株式会社タウ

事故車の買取実績国内No.1。事故車専門の買取業者のため高額査定が期待できます。

ミキセイキ

事故車・故障車の買取に強みがある。レッカー代金も全国無料。

廃車

上記のような一括査定を実施しても、過走行車や低年式車では査定がつかないことがあります。売却額が0の車を手放す際は、通常廃車にともなう数万円の費用が発生しますが、ここでもまだ諦めないでください。国内には、普通では値段のつかない廃車を買い取ってくれる業者が存在します。

日本では廃車になるような車でも海外では現役で活躍する車も多いため、このような廃車買取というシステムがあります。廃車の費用が不要になるだけでなく、さらにお金ももらえるので利用しない手はありません。

ハイシャル

1000社を超える提携業者から最適な販路を選択できる買取システムを構築。買取専門スタッフも内製化しており、サポートも充実。写真をその場で送ってすぐ査定結果をもらえる、LINE査定にも対応。

廃車本舗

全国展開で廃車サービスを行う廃車本舗は、自社のリサイクル工場を持っているので、「直接買取」が可能。

カーネクスト

全国展開で廃車サービスを行うカーネクストは、全国トップクラスの廃車買取価格に加え、お申込から、お引取サービス、その後の廃車手続きサービスを完全無料化し、365日の専門スタッフによるカスタマーサポートを行う等、業界屈指のサービスを提供。

まとめ

車を高く売るタイミング、方法を理解いただけたのではないでしょうか?最後に車を売るための一括査定のサービスをまとめたので、自分にあったリンク先から見積もりを実施してください。きっと満足する結果が得られるはずです。

種類 一括査定サービス/業者名
共通
まずはここから
一括査定.com
楽天オート
車査定.com
輸入車全般 輸入車買取.com
輸入車.com
アメ車 アメ車買取.com
海外人気車
アルファード・ヴェルファイヤ等
ENG
トラック・商用車 トラック買取.com
事故車 株式会社タウ
ミキセイキ
廃車 ハイシャル
廃車本舗
カーネクスト
Advertisement