徒然なるままに『お金』やら『車』やら

Auto Info Net

新車

新車は買うな、中古車が嫌なら新古車を狙え

いきなりですが、この記事で伝えたいのはズバリ「新古車を買え」ということです。

車にかかる費用で一番高いのが車両の購入費です。ピカピカの塗装で内装も綺麗な新車は魅力的ですが、色々装備もつけていざ見積もりしてみると、予算を何十万円もオーバーしたなんてことはよくあると思います。

かといって、どこの誰が乗っていたかわからない中古車を買うのって不安ですよね?

そんな、あなたの悩みを解決してくれるのが新古車なわけです。

新古車とは?

新古車は未使用者とも呼ばれますが、業界での正式名称は登録(届出)済未使用車と言います。車を購入したことがある人なら、一度は聴いたことがあると思います。

一度新車登録(ナンバー取得)されて誰も使用していない、実際の車の状態は新車、制度上は中古車という車のことです。

新古車が存在する理由

通常自動車ディーラーや中古車販売店は店舗毎に販売ノルマが課せられています。

無事に達成されれば良いですが、ノルマが達成されない場合、一度自店舗名義で車を購入することで販売実績とすることがあります。ノルマ達成による報酬が大きいため、このような買い手のついていない車が存在するわけです。

そして一時的に店舗名義となった新車のような中古車を、新古車として顧客に販売することになります。

新古車はノルマ達成のための政治登録車のようなものです。

新古車と新車の比較

新古車と新車の比較をCost(お金)/Quality(品質)/Time(時間)の観点からみてみましょう。新古車の特徴を一言で表すと、デメリットが物凄く少ない中古車といったところです。

新車 新古車
Cost
(お金)
車両価格 ×
定価(+α割引)

新車の約80~90%
売却時オーナー数
ワンオーナー

ツーオーナー
Quality
(品質)
走行距離
ほぼ0km

~数千km
仕様・装備
自由に選べる

在庫車の仕様による
Time
(時間)
納車までの期間
2週間~数ヶ月

最短1週間以内
車検までの期間
3年

3年-数ヶ月

Cost(お金)

新古車の一番のメリットが車両価格の安さです。通常新車購入時には「自賠責保険」「自動車重量税」「自動車税」がかかりますが、新古車の場合これらは販売店によって既に支払われてるため不要です。また「自動車取得税」も新車に比べて税率が低くなるため、かなりの額を節約できます。

車種により異なりますが、およそ新車価格の80~90%程度で購入することができます。それでいて、新車同等の新しい車両を手に入れることができるためいいことずくしです。

若干デメリットとして挙げられるのが、新古車は売却時にツーオーナーとみなされるため新車に比べて多少査定が下がる可能性があります。

Quality(品質)

自動車ディーラーで扱われる新古車はほとんどの場合、走行距離がほぼ0kmという新車と同じ状態です。一方一部の中古車販売店などでは、3,000~5,000km走行したものでも新古車として販売されることがあります。

また新古車はその性質上、色やエンジン種類をはじめ在庫車の仕様・装備をそのまま購入することになります。そのためメーカーの製造ラインで取付するメーカーOPの後付は不可となります。ただし、ディーラーOP等後付可能なものもあるため、何も選べなくなるわけではありません。

Time(時間)

新古車の良い点として、納車までの期間が短いことが挙げられます。人気の車を新車ので購入する場合、納車まで数ヶ月待ちなんてことも結構あります。その点、既に車両が存在する新古車では契約したその週から乗り始めるということも可能になります。

注意としては、通常3年(36ヶ月)ある初回の車検までの期間が新古車の場合短くなるという点です。ただし、新古車はその人気から1~3ヶ月程度で購入されるため大きなデメリットにはなりません。

新古車を探そう

以上のように、価格や納期のメリットが大きい新古車ですが、そのメリット故人気が高くすぐに売り切れてしまいます。

ここからは、新古車の探し方について2つ紹介します。

・ディーラー・中古車販売店に行く

・中古車販売サイトで検索する

ディーラー・中古車販売店に行く

一つ目の方法は、直接ディーラーは中古車販売店に行ってみるということです。実際に車が確認できるので、車の魅力を肌で感じて納得した上で購入できます。ただし、実際に新古車の在庫があるかどうかは事前に店舗に問い合わせてから行くことをオススメします。特にディーラー系の販売店ではネットにも情報が無いことが多いため電話やメールなどで確認しましょう。

中古車販売サイトで検索する

2つめの方法はインターネットで検索する方法です。家にいながら全国の情報を網羅的に調べることができるので、具体的な車種が決まっていない場合や、購入までは決めていないが価格を調べたいときなどに有効です。

検索サイトはいくつもありますが、以下の2つを見ておけば全国の殆どの車を網羅的に検索することができます。

カーセンサー

ガリバー

それぞれのサイトで新古車に絞って検索する方法は以下を参考にしてください。

カーセンサー

検索結果画面→▼もっと詳細な条件を追加する→登録(届出)済未使用者にチェック(下図赤枠)

ガリバー

検索結果画面→登録済み未使用者をクリック(下図赤枠)

まとめ

価格の安さや納期の早さなど新古車の魅力がおわかりいただけたでしょうか?普段数十円の値段の違いに一喜一憂しているような方でも、新車から新古車に変えることで何十万円もの節約ができることになります。

新古車は人気が高くすぐに売り切れてしまうので、気になった方は以下のサイトで定期的にチェックするようにしましょう。もし気になる車があったら、購入が決まっていなくても、問い合わせや見積もりを実施してください。

車が売れない時代ですので、仮に購入意思が決まっていなくても快く対応してくれます。

カーセンサーで新古車を探す

ガリバーで新古車を探す

-新車

Copyright© Auto Info Net , 2019 All Rights Reserved.