徒然なるままに『お金』やら『車』やら

Auto Info Net

豆知識

車のエンジンを長持ちさせるためにオイルはこまめに交換←は?

車のエンジンオイルの交換頻度ってどれくらいにしていますか?中には量販店やガソリンスタンドの店員に言われるがまま5,000kmや半年毎に交換している人がいるのではないでしょうか?

エンジンオイルの適切な交換時期は車種や、運転頻度等により異なりますが、多くの人が過剰(無駄)に交換しているというのが事実です。この先のカーライフで一回数千円はするオイル交換費用を無駄に消費し続けたいですか?

車を持っている人は、この記事で紹介する『エンジンオイルの適切な交換時期』を知って無駄な出費をおさえましょう

エンジンオイルの適切な交換時期

まず結論ですが、エンジンオイルの適切な交換時期はその車のHPや取扱説明書又はメンテナンス書等に書いてあります

出典:日産自動車

上の例は日産自動車のHPにあるノートのオイル交換時期です。

表を見ると15,000km又は1年毎の交換でOKとなっています。シビアコンディションと言われる少し厳し目に使うような人でも7,500km又は半年毎です。この数値は車によって大きく変わることはありません。毎回5,000kmや半年で交換しているような人は明らかにやり過ぎ=無駄です。

今すぐ自分の車のエンジンオイル交換時期を確認しましょう。

この交換時期は自動車メーカーがその車に乗る多くの人の運転の頻度や乗り方を想定し、ほとんどの場合で不具合が起きないように決めたものです。ほとんどを数値で表すとすれば99%かそれ以上です。

したがって、毎日サーキットで150km/h以上で走り続けたり、配送業でエンジンON-OFFを頻繁に繰り返しているような特殊な人以外はメーカーの定める交換時期で全く問題ありません

メーカー記載の交換時期でOKである根拠

筆者もそうですが車に限らず、何か物を購入した際に取扱説明書をちゃんと読む人は少ないのではないかと思います。しかし、どうせ読まれないものを製作者側が作ることにはちゃんと理由があります。

学校で習ったと思いますが、日本にはPL法(製造物責任法)という、製品の欠陥から消費者を守るための法律が定められています。

このPL法と取扱説明書には深い関係があり、取扱説明書に記載がなかったり内容が間違っていたために消費者の安全や財産に損失を与えた場合、損害賠償を請求される可能性があります。

自動車の欠陥の中には人の命に関わるものもあます。年間何十万台も売れる自動車の中の1台でも重大な不具合を出してしまうだけで損害賠償額が何十億円というケースも考えられます。そのため、取扱説明書には99%以上の人をカバーできるような厳しい条件が設定されているのです。

消費者の安全を守るためだけではなく、メーカーは損害賠償により不利益を被るリスクを減らすため、取扱説明書を発行すると言っても過言ではありません。

因みに訴訟文化の根付いたアメリカでは、一言一句記載内容を吟味する必要があるなど、日本よりもさらに慎重で厳密な対応が求められます。

そんなメーカーのエンジニアの日々の努力と経験、技術によって提示された条件以上に信用に足るものはありません。

以上のことから、自動車メーカーの推奨するエンジンオイル交換時期を守っていれば重大な不具合は起きないと言えます。

ポジショントークに乗らないように

エンジンオイルを5,000kmとか、明らかにメーカーの推奨するより短い頻度で交換している人はきっと次のようなことを聞いたことがあるはずです。

『オイルをこまめに交換することで車の寿命が伸びて将来余計な出費をしなくてよい』

この言葉を言っている人は誰でしょう?きっと、ガソリンスタンドやカー用品店の店員あたりでしょう。

もうお気づきかと思いますが、この人たちはあなたの車の寿命が伸びようと知ったこっちゃない人です。あなたに頻繁にオイルを交換するカモになって欲しいのです。

価格競争の激しいガソリンスタンドはガソリン販売では儲けられないため、必死で不要な物を売ろうとしてきます。カー用品店もオイル交換で定期的に来店してくれる無知なお客がいればウハウハなわけです。

ときには製造者側のディーラーまでもが、5,000km交換を進めてくることもあります。利益確保のためか無知なのか定かではありませんが、基本的にメーカーとディーラーは別の会社であるということも影響していると考えられます。

エンジンオイルは極端な話ただの油なので原価も安く、交換作業時間もほぼ決まっていて管理しやすいため各社の稼ぎ頭になっているのが現状です。(ためしに『オイル交換 儲かる』とかでググってみてください。)

ただでさえ車はお金がかかるのに、無駄な出費は絶対に避けるべきです。このようなポジショントークには決して乗らないでください。

まとめ

いかがでしたか?最後に車のオイル交換時期に関するポイントをまとめます。

・多くの人が何も知らないまま過剰なオイル交換により無駄な出費をしている。

・車のエンジンオイルの交換時期はメーカーのHPや取扱説明書に記載するもので全く問題無い。

・ガソリンスタンド、カー用品店、ディーラーのポジショントークには決して乗らない。

-豆知識

Copyright© Auto Info Net , 2019 All Rights Reserved.