お金持ちへの第一歩は読書から!今日から読みたい厳選10本

お金持ちへの第一歩は読書から!今日から読みたい厳選10本

更新日 2018/11/26

『今日は』何冊の本を読みましたか?

一般的によく言われていることですが、読書量と年収は比例するようです。かの有名な、ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットのような人でも、超多忙な日々の中で毎日30分の読書を欠かさないといいます。

とはいえ、本屋さんに行けば、お金に関する本はごまんとあるため、何を読むべきか調べているだけで時間が過ぎてしまいますよね?

今回はそんなあなたのために、お金持ちになるための第一歩として、単なる一時のハウツー本ではなく、時代を越えて読まれているベストセラー本のみ10本に絞って紹介します。

Advertisement

金持ち父さん貧乏父さん

いわずと知れたベストセラー本。物語の中心人物は3人。主人公であるロバート、「金持ち父さん」ことロバートの幼馴染マイクの父親、「貧乏父さん」ことロバートの実の父親。著者であるロバートがお金とというものについて、まったく正反対の考えを持つ二人の父さんから学んだことを記したものが本書です。

発売と同時に多くのサラリーマンや起業家に衝撃を与えた一冊です。金持ち父さんシリーズはいくつもありますが、ロバート・キヨサキの考えの大部分は、この一冊に込められているといっても過言ではないほど濃い内容となっています。

となりの億万長者

メディア等の影響で、金持ちとは高級車に乗って、ブランド物を身につけて、云々というイメージが浸透していますが、本書では実際の調査結果から判明した本当の金持ちの正体を知ることができます。

これまでの金持ちのイメージが覆されるだけでなく、「倹約×投資×教育」の3原則を徹底することこそが、お金持ちがお金持ちたる所以であることがよく理解できる良著となっています。

ビジョナリーカンパニー 2

普通の企業や良い企業がいかにしてVisionary(偉大な)企業になりうるのか、時代や業界を越えた法則を記した教科書のような存在です。

偉大な企業になれるかの明暗を分けるのは、決して大きな意思決定や劇的な改革ではなく、地道な動きだが、確実に積み重なっていくいわば「弾み車」のモデルであるとした本書は、すべての企業経営者に、是非読んでもらいたい一冊です。

ユダヤ人大富豪の教え

20歳の起業を志す学生が、大富豪であるユダヤ人のもとで住み込みで教わった、幸せに成功するための秘訣

「成功とビジネス」をテーマに様々な試練や人とのふれあいを通じたレッスンが始まり、主人公は成功者のマインドを徐々に形成していくというお話です。教えは主に「自由人と不自由人の違い」を主軸において話が展開されていきます。

著者であり実業家でもある本田健さんの実体験をもとにした本書は、「お金の話なのになぜか泣ける」ということでも有名です。起業や独立を考えている人、幸せになりたい人にオススメの一冊です。

バビロンの大富豪

古代都市バビロンで大富豪となったアルカドを中心に、蓄財や財産運用の教訓がちりばめられた同書は、本書の書かれた1920年代から現在に至るまで、全世界で1000万部を超す大ベストセラーとなり、今もなお注目を集め続けています。

時間が経っても変わらない「黄金の知恵」が綴られており、特に変化の激しい現代においては全ての人にオススメできる一冊です。

思考は現実化する

世界で1億部売れている歴史的な成功哲学書です。アメリカの成功哲学の提唱者であるナポレオ・ヒルの20年にわたる研究をもとに、成功者に共通する“思考”と“やりかた”を体系的にまとめた良著です。

アインシュタイン・エジソン・リンカーン、そうそうたるメンバーそれぞれが持っていた負の面をいかに克服し成功し得たのか等、わかりやすい事実とともに記しています。

7つの習慣

40か国以上の言語に翻訳され、全世界で2,000万部を越えるベストセラーであり、本書で謳われている様々な概念がビジネスの場に留まらずあらゆる場所で当たり前に使われているほどです。「7つの習慣は人生のOSである」と評されることすらあるほどです。

第1の習慣「主体的である」
第2の習慣「終わりを思い描くことからはじめる」
第3の習慣「最優先事項を優先する」
第4の習慣「Win-Winを考える」
第5の習慣「まず理解に徹し、そして理解される」
第6の習慣「シナジーを創り出す」

第7の習慣「刃を研ぐ」

500ページ以上もあり安くは無い本ですが、まずは7つの習慣のうち1つだけでも良いので、実践してみて、いつでも読み返せるようにしておくようにしましょう。

仕事は楽しいかね?

将来への希望もなく日々仕事に追われる主人公が、老人のアドバイスに自己変革のアイデアを見いだしていく物語仕立てのビジネス啓発書です。

目標を立てるな」「遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る」「明日は今日と違う自分になる」などの老人からの厳しくも論理的で的確な助言が記されています。

短編かつシンプルながら味わいのある1冊となっています。

孫子

彼を知り己を知れば百戦して殆うからず」「戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり」などの名言で知られる、紀元前500年ごろの中国春秋時代の軍事思想家、孫武(そんぶ)が記したとされる兵法書です。

非好戦的」「現実主義」「主導権の重視」といった戦略・戦術の特徴は、現代においてもひろく人生全般の問題に適用しうるものとして親しまれています。

投資苑

さいごはアメリカのほか、世界8カ国語で翻訳された超ロングセラー。 精神分析医がプロのトレーダーになって書いた投資家必携の一冊です。

投資戦略として、トレーディングの心理テクニカル分析マネーマネジメントの3つの分野を明快に興味深く解説しています。

単行本6,000円以上と個人で購入する書籍としてはかなり高額ですが、本書に記された投資に対するアプローチは、その値段の何倍もの価値をもたらしてくれます。

今日から読み始めよう

冒頭にも書きましたが、『今日は』何冊の本を読みましたか?

忙しいから、疲れているから、言い訳はいくらでもできます。通勤電車の中、お昼休み、寝る前のちょっとした時間でも読み始めると、読書は次第に習慣化することができます。

お金持ちへの第一歩は読書から!今日から読み始めましょう。

Advertisement