じっちゃま 米国株

#じっちゃま の米国株YouTube Live議事録2021.03.17│連邦公開市場委員会の予想│広瀬隆雄氏

2021.03.17実施分のじっちゃまYouTube Liveの議事録(まとめ)です。

単なる文字起こしではなく、じっちゃまの言葉の背景・ニュアンスを含めてまとめていきます。

時間がなくさくっと概要だけ知りたい、動画よりも文字で把握したいという人はこの議事録を読んでください。

既に動画を見た人にとっても復習として、役立つはずです。

じっちゃまトーク概要

今回は連邦公開市場委員会の予想のお話。

(0:30)FOMC予想

今日FOMCの2日目が公開され、終わったあと声明文が出される。

じっちゃま予想では何も変更は無い。

FFレート、債権買い入れプログラム(量的緩和政策)も変更は無いと思う。

つまり、FRBからのメッセージは一切変更無し。

(1:27)注目点はSEP

今回のFOMCの注目点は、経済予想サマリー、略してSEP、俗称ドットプロット。

FFレート

2023年末のFFレートが前回のコンセンサス(一切動かない)から動くかどうか。

もし、2023年が現行の0.1%ではなく、0.2とか0.3%になった場合、FRBのメンバーのいち部がそろそろ利上げをしないといけないと予想し始めているということ。

その場合ある時点で、パウエル議長はメッセージを変更する必要が出てくる。

GDP

貯金のSEPでは、2021年末のGDP予想は4.2%。

多分これは5〜6%くらいに上昇すると思う。

これが2つめのみどころ。

失業率

現在2021年末は5%を予想するFRBメンバーが多かったが、もう少し下がるかもしれない。

例えばGSのエコノミストは4%代に下がるというコメントを先日出していた。

これも注目に値する。

インフレ率

FRBはPCEインフレ率を好んで使う。

2021年末は1.8%が前回の予想だったが、2%近くに切り上がる可能性がある。

(7:22)長期金利上昇中

米国10年債利回りは1.647%と上昇していて、今回の上昇サイクルで多分最高値。

スルスル上昇しているときは、特にハイパーグロース株などはプレッシャーを受けやすい。

あまり心配してないけど、金利には注目している。

投げ銭Q&Aコーナー

投げ銭飛び交う大人気Q&Aコーナーです。

(8:42)RKT利益の大半がMinority interest expenseに取られてnet incomeが異常に低いけどこれがショートポジションの高い理由?

めちゃくちゃ儲かってる。

収益性は問題ない。

それよりもEPSの方向性をみんな気にしている。

ショートポジションは無視していい。

(11:36)MRVLホールド?

ホールドしておいていいと思う。

半導体セクターはぎくしゃくしているが、MRVLへの影響は軽微と考えている。

(15:59)KOS・SBLKホールド?

悪くないけど、他にも投資対象はある。

それよりも、EURN行った方がいい。

TNPも面白いと思う。

(20:48)月曜にDKNGが10億ドル転換社債発行したけど既存投資家にネガティブ?

そんなことない。

若い会社が資金調達する場合、資金調達コストを補って有り余る程の成長・利益があればその資金調達は良い。

我々が問題にすべきことは、「その金で何をやるねん!」ということ。

「株式・転換社債の発行イコール悪」と思い込むのは情弱。

DKNGに関しては今、色々な州がコロナによる州政府立て直しのためオンラインカジノ許可し始めている。

他社に打ち勝つために、軍拡競争になっている。

沢山のマーケティング費用を、ローコストで調達できるDKNGが非常に有利だと思う。

今回は良い資金調達。

(25:23)NOCのような軍需株投資の注意点は?

M&Aによりプレーヤー数が整理されたため、軍需産業は非常に安定していると思う。

例えば、戦闘機ではLMTを中心として1社か2社。

爆撃機ではNOC。

航空母艦ではHII。

潜水艦ではGD。

この辺の企業は戦略的に潰せない。

今後も1つの強いメーカーをずっと残す政策で景気にも関係無いが、過去に競争入札で不正排除をやってきた。

冷戦の驚異が無くなり、成長産業で無くなったため政府の考え方が変わってきている。

競争入札は避けるが、マージンの管理(利幅が大きくなり過ぎないようにすること)で比較的薄利(マージン約8%)。

「殺さない程度に儲けさせてあげる」という状態。

投資する際のポイントは、配当利回りを手掛かりに安定的なインカム収入を求める投資対象になっていること。

防衛関連は今安くなっていて、全て買いだと思う。

(32:12)CPNGホールド?

最近のIPO。

よくわかりませ〜ん。

会社としては、キッチリ経営されていると思う。

(32:58)CRWD決算どう?ホールド?

昨日決算発表したばかり。

EPS予想8セントに対し結果13セント。

売上高予想2.51億ドルに対し結果2.65億ドル。

売上高成長率前年同期比74.2%。

第一四半期EPS予想4セントに対し新ガイダンス5〜6セント。

売上高予想2.68億ドルに対し2.92億ドル。

2022年度EPS予想33セントに対し新ガイダンス27〜30セント。

売上高予想12.2億ドルに対し新ガイダンス13.1〜13.2億ドル。

2022年度のEPSが予想に比べて新ガイダンスが下回っているが、心配していない。

理由は、クライドログの管理ソフトウェアの会社(Humio)を買収することによる。

もう一つは7.5億ドルのシニアアンセキュアードノートという債権発行の金利コストのため。

これはアナリストの予想数字に織り込まれてなかったと思う。

CrowdStrikeは現在、業界の先駆的テクノロジーThreat Graph™で1週間あたり5兆件のセキュリティ関連イベントを処理する、業界で最も包括的なエンドポイント・ワークロード保護セキュリティソリューションを提供しています。今回Humioを買収することで、CrowdStrikeは、あらゆるログ、アプリケーションまたはフィードからのデータ取り込みと相関関係の分析によって自社のXDR(eXtended Detection and Response)機能をさらに拡充し、実用的な知見とリアルタイムの保護を可能にします。

PRTIMES

(38:05)「債権投資家は株式より規模が大きい」とのことだけどどういう人がどんな動きをしている?

基本的には機関投資家(生命保険、年金等)主体のマーケット。

バイ・アンド・ホールドが多い。

(40:28)2月は長期金利上昇で株が下がったけど最近は長期金利が上がっても株が上がるときがあるけど市場の気持ちの違いは?

長期金利が少し上がれば、株式はそれに応じて少し下がるというものではない。

長期金利がポンポン跳ねた場合気をつけて。

じわじわの上昇は問題ではない。

理由は、機関投資家が「長期金利の急激な上昇をトリガーにリスク管理する」ようプログラムを組んでいる場合が多いから。

(44:09)ZM・CRWD・OKTA・PINSどう?

買い。

全部安く、ピカピカの銘柄。

少々の乗り心地の悪さは我慢するしかない。

(46:26)HMHC学校再開までホールド?

持ってていんじゃない?

新製品ロールアウト真っ盛りで、これからがエキサイティングな局面。

(47:06)RPRXの決算書見ると税金を全く払っていないように見えるけど何か特別なスキームを使ってる?

RPRXは特別なことはやってないので、他の製薬会社と全く一緒くらいだと思う。

(48:22)米国・日本・欧州・新興国株について市場の特徴は?それぞれの市場に関連性はある?欧州株が暴落すると米国株が暴落するような

日本株は米国株よりもシクリカルな印象。

ドイツ株にも同様のことが言える。

フランス株ならラグジュアリーグッズなどのコンポーネントが大きい。

イギリス株は意外にも、エネルギーの占める比重が大きい。

新興国株は国によって違う。

ロシアは殆ど資源株。

ブラジルも資源の比重が高い。

南アは最近ソフト経済化しているけど、昔は典型的にマイニング等の比重が高い市場だった。

市場の関連性はある。

例えばアメリカにおける金利上昇やドルが強くなる局面では、新興国は下げやすい。

世界の株式市場のリーダーは間違いなくアメリカ株(世界市場の50%以上)。

欧州株が暴落すると米国株が暴落するとかは後付けだと思う。

(53:00)今年4-9月Seasonalityはどう?例年通り?

4・5月は相場高いと思う。

6月はちょっとギクシャクするかも。

9〜11月は心配している。

今は積極的に株式に投資すべき局面。

今年「Sell in May」になるかはまだわからなくて、そのときに考えたい。

3〜8月まで相場を楽しめるかもしれないので、今弱気になるとリスクが大きい。

9月10月頃までにはアメリカでワクチンが打ち終わって、経済がかなり再開していると思う。

そのとき、今の超緩和的な金利政策の見直し(テーパリング)が議論されるようになると思う。

(56:10)ABNB今からインしていい?

安くはない。

ABNBは色んなころがうまくいかないといけない。

(ここでLive強制終了)

以降Twitter・YouTubeコメント欄で回答

YouTubeコメント欄で回答

おわり

今後も議事録を継続するかどうかは、みなさんの応援次第で決めま〜す。

ぎじろくがかりを応援(OFUSE)

-じっちゃま, 米国株

© 2021 じっちゃまの議事録係?